40歳の転職希望者が転職活動にかける期間は何ヶ月?

40歳はどのくらい活動すれば転職できるのか

 

 年代毎の転職活動期間の目安というのはデータとして出てくることがあります。40歳という非常に狭い年齢ではなかなか判断が難しいところがありますが、30代後半や40代という年代で考えると、それは大体3ヶ月から4ヶ月ほどとなるようです。

 

 これは、応募から採用が実際に決まるまでの期間と考えるといいでしょう。つまり、準備期間や退職活動期間なども含めると半年前後はかかることになるのかもしれません。

 

 また、3ヶ月から4ヶ月というのは、平均かそれに近いデータとはなりますが、理想や目標と捉えた方がいい人も出てくるでしょう。「そのくらいの期間で転職できるのか」ではなく、「そのくらいの期間を目指して転職活動に精を出そう」と考えた方がしっくりくると思います。

 

 

求人との接し方で転職活動期間を変える

 

 転職活動にかかる期間・長さを左右するのは、求人との接し方とも言われています。世の中にある全ての求人はもちろん、あなたが転職を目指す業界や職種、条件、地域等に絞り込んだとしても、それにヒットする全ての求人に目を通すのは不可能でしょう。

 

 どれだけ条件等を絞り、また、どういった媒体を活用するのかによって求人の接し方が変わり、それが転職活動期間も変えると考えられます。そのあたりを整理してから求人探しや活動準備に取りかかるようにしてください。効率化を図れば、必ず転職活動期間は短くなるのですから。

 

目標・目的設定の変更で転職活動期間を変える

 

 求人との接し方の他に、目標や目的の設定によっても転職活動にかかる期間・長さは変わってくるでしょう。これは最初にどのような目標・目的を設定するのかも大事ですが、状況によってそれらを臨機応変に変化させる対応力も必要になってきます。

 

 もし転職活動期間が当初想定していたものよりも延びてしまった、もしくは延びそうだと察知したら、まずは目標や目的の設定にミスや勘違いがなかったかを顧みてください。それらを発見したら即座に修正・再考・変更等を試みること。

 

 この対応の速度や正確さが、転職活動期間を変えると言ってもいいのかもしれません。

 

 

【関連記事】