就職・転職は5ステップで勝負!

就職・転職は5ステップで勝負!

 就職・転職活動は、複雑で気が引ける部分もあるかもしれませんが、下記5ステップに集約することができます。そして、下記5ステップを順調に進めていくために大切なことは、自分を知ること、企業を知ることです。就職活動でよく耳にする言葉として「自己分析」というものがありますが、自分を知るプロセスと言えるでしょう。次が企業が知ることです。

 

 どういった人材を求めているのか、どういった社員が集まっているのか、自分の要望に合っているのか。応募先となる各企業の情報を一人で収集するには、多大な時間を費やすため、転職サイトなどを活用して効率的に情報収集することをお勧めします。また、転職活動の場合、今現在の会社で自分は何を行っているのかを文書化することが重要です。文書化作業は、転職前の引継ぎ作業にも役立ちます。

 

 

1.計画書を作成する

 就職・転職活動開始にあたり計画書を作成します。就職・転職活動の一般的な期間は3ヶ月と言われています。この期間は、会社の予算案が四半期ごとに見直される点から説得力のある数字ではないかと考えられます。

 

 3ヶ月以上経っても内定を達成できない背景には、自己分析/情報収集に不十分な点がある可能性が十分ありますので、3ヶ月期間の中で、幾度かのマイルストーン時期を設定することが大切です。

 

 「自分の優先順位が整理されている」「志望先の具体的企業が絞られている」など、客観的に提示できるサブ目標を期間中に設定しておき、3ヶ月期間で就職・転職が達成できるステータスなのかを自己判断できるようにしておきます。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

2.情報収集を行う

 前述したように、企業を知ることが就職・転職活動では重要なポイントです。企業の財務状況、社風、事業内容を応募先ごとに、自力で調査することは、3ヶ月という期間内では難しいです。情報収集を行う上で、リクナビNEXTやリクルートエージェントといった、転職サイトに登録することで、短期間に効率よく企業情報を入手することができます。

 

 また、リクルートエージェントのように、エージェントと直接相談、会話できるサービスも利用することで、前述したマイルストーン期間に、客観的な他人の意見を聞くこともできるわけです。企業の買収や為替変動など、世の中の経済状況は目まぐるしく変化しています。3ヶ月前の状態も一遍しているわけで、情報の押さえ所、分析ツールをリクナビNEXTやリクルートエージェントようなサービスを利用して効率よく入手していくが、今日の就職・転職活動では必須となります。

 

<おすすめ転職サイト>
リクナビNEXT
リクルートエージェント

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

3.会社探し・応募

 自己分析を行い(自分を知る)、就職・転職サイトを通じて、企業を知る体制が整えば、実際に自分の要望に合った企業を見つけ応募します。自分の優先順位が明確になっているのなら、リクナビNEXTで情報を絞り込み、求人案件を確認していきます。

 

 自己分析、企業情報収集をさらに奥深く行いたい、客観的な意見を知りたいという方は、リクルートエージェントに登録して、キャリアコンサルタントと会話する中で、情報収集の幅を広げたり、さらに深い分析を行っていきます。企業の採用プロセスは、企業によって様々です。試験と数多くの面接をこなさなければいけない企業もありますから、無意味な応募は禁物です。応募先過多のため、空回りしてしまう場合もあるため、ご自分の日々の生活とバランスを取りながら、応募先を決めていきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

4.面接

 面接は、自分を知る(自己分析)ことと、企業を知ることを、十分に行っておけば問題ないはずです。ただし、企業によっては、求人案件に盛り込んでいない情報を、面接の場で提供することもあります。即座に対応するためにも、やはり、自己分析を念入りに行っておき、新たな提供された情報、自分の要望にマッチするのかどうか、回答できるようにしておくことが大切です。

 

 面接は、企業にとって応募者を調査する機会ですが、応募者にとっても企業を知る機会でもあります。対等の立場として、自分は本当にこの企業に勤めて良いのかどうかを判断材料の収集を意識しましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

5.退職・入社準備

 転職活動の場合、現在の会社での業務引継ぎについて考えなければいけません。業務引継ぎにあたり、自分の業務を文書化していく計画を立てておくことが大切です。

 

 文書化作業は、転職活動期間のなかで、無理なく計画的に行いましょう。既存業務、転職活動、引継ぎ作業、入社先準備と、転職活動の後半はやるべきことが一杯となります。多用に忙殺されることなく、円滑に転職を迎えられるよう、やはり計画を策定することが大切です。

 

 また、早い段階で既存業務を文書化することで、いま現在自分が行っている業務内容が整理でき、転職活動の場でも役立つはずです。

 

 

【参考記事】